工業の歴史と造船業

工業の歴史と造船業について

意外と知られていない工業の歴史

今や日本は、工業の発展が著しく、現在日本各地に点在している造船所がたくさんあります。この歴史は意外と知られていませんが、実は、江戸時代後期の、有名な歴史上の人物である黒船のペリー来航あたりに、造船所が作られたと言われています。また、技術はイギリスから取り入れ、製造業が始まりました。この普及により、江戸時代から明治時代に渡り、工業産業が徐々に盛んになったと言う事です。このルーツにより、必用な部品素材や機械関係、電気系等、それらに関係する会社がどんどん進出しています。また、日本で製造された物が、今は海外へ輸出されているのもあります。

日本の造船産業はどんなレベル?

日本は世界でも有数の造船国です。日本は島国ですから、黒船来航以来、富国強兵・脱亜入欧政策の下、工業としての造船業を発展させてきました。経済とエネルギーを支えたのは国策の支援を受けた三井や三菱の海運業であり、力を入れた国防は海軍です。戦後の経済復興時には、日本のお家芸とまで言われ、オイルショックやリーマンショックなどの低迷期もありましたが、日本ばかりではなく、世界の貿易の支えとなっています。鋼材の高騰や優秀な職人の退職、円高ドル安など経営環境は不透明な状況ですが、構造的な不況に陥っている韓国と相対的に日本の復権が進んでいる工業です。

↑PAGE TOP