船の進水式を行う

船の進水式を行う理由とは

進水式を行うメリットデメリット

造船工業で作成した船の進水式を行うと更なる顧客獲得につながる、会社の宣伝になるなどのメリットがあります。大きな船なら各方面で情報が伝えられるので、その技術を評価して仕事を依頼する人が増える場合があります。船に造船工業の名前が書いてあるため、会社の宣伝効果として期待できます。そして、SNSに投稿されれば、会社の名前が見ている人達の記憶に残ります。デメリットは進水式には燃料費から人件費などの費用がかかることです。ただ、個人から見れば高額ですが、企業からすれば予定の範囲内の額なのであまり気にする必要はないです。

日本の造船を支える高い工業技術

工業は様々な分野を支えています。その一つが造船業です。船を造ることは昔から行われていましたが、従来は木を加工してつなぎあわせて製造する方法が殆どでした。しかし、海外の金属製の船を参考に、様々な技術を駆使して現在の様な大型の推進力を持つ船を造ることが出来るようになっています。しかし、これらは決して一つの技術だけではありません。その裏には鉄鋼技術や溶接技術、推進力を得るためのモーターの技術など、様々な技術が使用されていますが、これらは全て工業を支える基本的な技術であり、その技術の融合が現代の造船技術となっているのです。

↑PAGE TOP